ハナハナの実機を購入する適切な値段は?家スロで大切な5つの注意点

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ハナハナ 実機 相場
好きな機種が出来ると、必ず家に置いて楽しみたいなと思うことが絶対にあるでしょう。

それはハナハナにも当てはまること。

そんな実機を購入する際にの注意点や家スロで楽しむことの出来るメリットをお伝えします。

購入だけでなく、設置場所や周りの環境、そして売る場合なども全て考えた上で必要なのか見極めていきましょう。

ハナハナ実機の相場

ハナハナの実機相場
ハナハナの実機の相場は、当然ですが新しいものは比較的高い傾向にあります。

また4号機などの古いタイプのものに関しても、人気機種であれば、多少値段が高いままの可能性もあります。

当然、現役時代に人気だった機種も安定して相場が高いようですね。

現行から3~4世代前の機種だと大体、数万円程度の相場が一般的で、最新機種だと30~40万円となっています。

ハナハナ実機を買える場所

ハナハナ 実機 売り場
実機を購入するとなると、ヤフオクやメルカリの個人から買い取るのは中々不安でしょうし、やはりちゃんとした中古実機販売店で買うことが一番良いでしょう。

スロット台だけでなくそれに付随する備品や楽なアイテムなども一緒に選ぶことも可能ですので、販売店で購入することをおすすめします。

そんな最大手で安心して買い物できる場所がA-SLOTです。

最新台から懐古台まで多数取り揃えており、不要になったスロット台の回収までほぼ全てこちらのサービスで賄うことが可能ですね。

最新台となれば40万くらいしてしまいますので、中々に買うことが難しいですね・・・。

ただちょっと前の台などであれば、2万円前後で大体が変えてしまうので、一度はスロット実機を持ってみたいですよね。

ハナハナだけでなく、色々なシリーズを取り揃えておりますのでぜひ一度自分の好きな機種を探してみてはいかがでしょうか!

中古実機販売店A-SLOTで詳しく探す

家スロをする5つの注意点

家スロ 注意 気をつける
自宅に好きなスロットを置いて心置きなく打ち倒したい。

スロット好きなら一度は誰しもが思ったことがあるのではないでしょうか?

もちろん現実的にも可能ですし、数台所持している人も多いと思います。

今でも実機配信なんかしている人も多いですしね。

しかし、安易な気持ちで購入してしまうと痛い目を見るかもしれません。

ここでは実機を購入する際に気を付けておきたいポイントを5つご紹介していきます。

場所の確保

普段、ホールで打っていると感じないかもしれませんが、パチスロの筐体は思ったより大きいく重いです。

特に奥行きは一般的な筐体で30cm~40cmもあります。

これを自分の部屋に置くとなると、大分スペースを取られます。

重さも40kgほどあるので、容易に動かすことが出来ないのも難点です。

騒音

これは実機を持っていたことがある人しか分からないかもしれません。

ホールの中は常に色々な音や音楽で騒がしいですが、静かな場所でスロットを打つとリールの回転音が半端なくうるさいです。

ましてやコイン不要機を設置していないと下皿にコインが払い出される音はアパートなどだと苦情がくるレベルです。

最低限コイン不要機を設置して、震動を吸収するものを筐体の下に噛ましておくことが必要です。

電圧

意外と知られていないのが、電圧問題です。

家庭用電源(AC100V)とスロット用電源(AC24V)は違います。

筐体から出ているACプラグをそのまま挿すと実機が壊れるおそれがあるので注意しましょう。

飽きやすい

これは人にもよりますが、好きな機種でも家に届いて何回か遊ぶとすぐに飽きてしまいがちです。

最新機種だと値段も高いですし、後悔することも少なくありません。

本当に好きな機種だと良いですが、中途半端な気持ちで買ってしまうと場所だけ取ってしまう粗大ゴミと化してしまうおそれがあります。

Aタイプを除き、単調なAT・ART機だと面白みがなくすぐに飽きてしまう傾向がありますね。

処分

実機を処分する際、スロット筐体は産業廃棄物扱いとなります。

当然、家庭ゴミとして処分できません。

これを無視してゴミ置き場に捨てると、ペナルティが課せられます。

ちゃんと業者などに引き取ってもらいましょう。

もしくはリサイクルショップへ持ち込んだり、フリマアプリなどを活用し売却するのがオススメです。

効率よく遊ぶために売り場も確保

実機 売る 方法 どこ
一生その台を持っているなんてことは、ほぼ考えられません。

ということは、いつかは手放す時が来ます。

その際は売却する事を考えなければいけません。

購入すると同時に、大体これぐらいで売れる機種だろうと考えるのも大事です。

もちろん相場は変わりますが、昔のある程度人気な機種だとそこそこの値段で買い取ってくれます。

購入する前に、いくらで売れるのか調べてみると良いでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*