ハナハナ機種情報

ドンドンハナハナ30|スペック・解析・打ち方まとめ

ドンドンハナハナ30

ドンドンハナハナ30

©パイオニア

ドンドンハナハナ30は4.5号機として発売されたストック機能無しの純Aタイプのパチスロ機です。

初代ハナハナ30の後継機であるドンドンハナハナ30のスペック、打ち方、設定差などの情報をご紹介していきます。

機種情報(スペック)

ドンドンハナハナ30

©パイオニア
BIG REG
設定1 1/309 1/655
設定2 1/292 1/650
設定3 1/273 1/626
設定4 1/256 1/605
設定5 1/240 1/566
設定6 1/240 1/364

機械割

設定1 90.5%
設定2 93.0%
設定3 96.3%
設定4 99.5%
設定5 102.9%
設定6 106.4%

リール配置・打ち方

ドンハナ リール配列

通常時

通常時 打ち方
左リールに白7を目安にチェリー狙い。

左リールの停止型に応じて、以下のパターンで打ち分け。

パターン①

DDT DDT打法

・成立役:ハズレ・ベル・リプレイ
左リール枠内チェリー・スイカ否停止、中・右リールフリー打ち

パターン②

チェリー ドンハナ

・成立役:チェリー
左リール枠内チェリー停止、中・右リールフリー打ち

パターン③

ドンハナ スイカフォロー

・成立役:スイカ
左リール枠内スイカ停止時、中リール赤7or白7狙い、右リールにBARを遅めに狙う

ボーナス中

小役ゲーム1.2回目は通常時と同じく左リール白7狙いで消化。

小役ゲーム3回目は以下の手順でリプレイ外しを行う。

リプレイハズシ手順

リプレイ外し リプ外し リプハズシ
まず中リール上段に白7狙い。
その後、停止出目に応じてリプレイハズシまたは小役を取得していきます。

パターン①

スイカ
・成立役:ハズレorスイカ
中リール中段に白7が停止で、右リールにスイカ狙い
スイカテンパイで左リール枠内にBAR狙い

パターン②

スイカ確定
・成立役:スイカ
中リール中段にスイカ停止で、右リールにスイカ狙い
左リール枠内にBAR狙いでスイカフォロー

パターン③

ベル
・成立役:ベル
中リール中段にベル停止でベル確定
左→右の順でフリー打ち

パターン④

ハズレ
・成立役:ハズレorベル
中リール中段にチェリー停止で、右リールフリー打ち
左リール枠内にBAR狙い

パターン⑤

ジャックイン
・成立役:JACIN orハズレ
中リール中段にリプレイ停止で、右リールフリー打ち
左リール枠内に白7を狙ってリプレイハズシ
※残り9P以降はJAC IN優先で消化

通常時の小役確率

低確率状態

リプレイ 1/7.3
ベル 1/9.4
チェリー 1/81.9
スイカ 1/256.0

高確率状態

リプレイ 1/7.3
ベル 1/12.8
チェリー 1/6.4
スイカ 1/25.6

BIG中の小役確率

ベル 1/2.8
チェリー 1/16.4
スイカ 1/5.7
JAC IN 1/3.6
JACハズレ 1/42.7

設定判別・設定差解析

ニューハナハナ30の設定差は主にボーナス確率に設けられています。

特にレギュラーボーナスの確率は設定1と設定6では約1.8倍もの差があります。

また朝一の設定変更を判別する方法としてはガックンチェックがあります。

ハナハナはどのシリーズもガックンが見にくいですが、もし把握することが出来たら設定判別の足しになることは間違いありません。

ハナハナでガックンチェックしてもわからない?リセット挙動と見極め

ハナハナシリーズ一覧

歴代ハナハナシリーズのスペックや特徴全まとめ

ハナハナ30(2001年5月~)
スーパーハナハナ30(2003年8月~)
ドンドンハナハナ30(2004年11月~)
ニューハナハナ30(2007年2月~)
スペシャルハナハナ30(2008年7月~)
サンサンハナハナ30(2009年8月~)
スペシャルハナハナⅡ30(2010年12月~)
キングハナハナ30(2011年10月~)
ドラゴンハナハナ30(2012年10月~)
クイーンハナハナ30(2013年10月~)
ニューキングハナハナ30(2014年9月~)
ハナハナホウオウ30(2015年9月~)
ドリームハナハナ30(2016年6月~)
グレートキングハナハナ(2017年7月~)

【4号機】ハナハナ30|スペック・裏物・設定差解析・打ち方まとめ

ハナハナ30

ハナハナ30

©パイオニア

ハナハナ30は2001年にパイオニアから発売された純Aタイプのパチスロ機です。

ここではハナハナ30のスペックや打ち方、設定差や裏モノ情報まで全てご紹介していきます。

ハナハナの原点、元祖ハナハナは実はこんな仕様だったのです!

機種情報(スペック)

ハナハナ30

©パイオニア
BIG REG 合算
設定1 1/309 1/655 1/210
設定2 1/292 1/650 1/201
設定3 1/273 1/626 1/190
設定4 1/256 1/605 1/180
設定5 1/240 1/566 1/169
設定6 1/240 1/364 1/145

機械割(完全技術介入)

設定1 90.5% (97.8%)
設定2 93.0% (99.8%)
設定3 96.3% (102.3%)
設定4 99.5% (105.9%)
設定5 102.9% (108.1%)
設定6 106.4% (115.2%)

リール配置・打ち方

4号機 ハナハナ30 リール

通常時

左リール枠内に白7を目押し。
以下5パターンの停止型に応じて打ち方を変化させていけばOK。

パターン①

・成立役:ハズレ・ベル・リプレイ・BR
左リール上段に白7停止で中・右リールフリー打ち

パターン②

・成立役:チェリー
左リール中段に白7停止で4チェ、中・右リールフリー打ち

パターン③

・成立役:チェリー
左リール下段に白7停止で2チェ、中・右リールフリー打ち

パターン④

・成立役:チェリー以外の全小役
中リール赤7or白7狙い、右リールは白7狙い(若干遅め)でスイカフォロー

パターン⑤

・成立役:ベル・スイカ・BR
中リール赤7or白7狙い、右リールは白7狙い(若干遅め)でスイカフォロー
(小役非成立でボーナス確定)

BIG中

1回目・2回目は通常時同様に小役狙い。
3回目から以下の手順でリプレイハズシを行います。

リプレイハズシ手順

リプレイハズシ
まず中リール上段~中段に赤7狙い。
その後、停止出目に応じてリプレイハズシまたは小役を取得していきます。

パターン①


・成立役:ハズレorスイカ
中リール中段に赤7が停止で、右リールに白7狙い(若干遅め)
スイカテンパイで左リール枠上から上段にBAR狙いでスイカフォロー

パターン②


・成立役:スイカ
中リール下段に赤7停止で、右リールに白7狙い(若干遅め)
左リール上段にBAR狙いでスイカフォロー

パターン③


・成立役:ベル
ベル確定目となるので、左→右の順でフリー打ち

パターン④

リプ外し リプハズシ JAC外し
・成立役:2チェorベルorリプレイ
まず右リール適当打ち。
Ⓐ下段ベルテンパイで左リールBAR狙い(若干早め)
Ⓑリプレイテンパイで左リール枠内白7狙い→2チェorリプレイハズシ成功
※残り9P以降はJAC IN優先で消化

小役確率

通常時(低確率) 通常時(高確率) BIG中
ベル 1/9.4 1/12.8 1/2.8
リプレイ 1/7.3 1/7.3
チェリー 1/81.9 1/6.4 1/16.4
スイカ 1/256 1/25.6 1/5.7
JAC IN 1/3.6

設定判別・設定差解析

この頃の4号機では、小役を数えての設定判別や判別要素が盛り込まれていた・・・というわけではありません。

ただでさえ普通のホールでも裏物がメインで置かれていた現状で、信じられるのはやはりボーナス初当たりのみということになるのではないでしょうか。

裏物を打った際も同様に、連チャンバージョンなどありますが結局は初当たりボーナスを引けないと増えていかないですからね。

出ている=高設定かな?という感じで判別していくしかなさそうです。

ハナハナ30の裏物

2001年に登場し人気を博したハナハナ30ですが、やはりハナハナ30と言えば多数の裏物(裏モノ)が存在してたということですね。

皮肉にもこの裏物人気こそ、パイオニア系の沖スロが支持された理由と言っても過言ではありません。

ここでは全国で蔓延した有名なハナハナ30の裏物をご紹介していきます。

32Gバージョン

BIGボーナス当選時に連チャン数を抽選する裏モノ。

抽選された連チャン数はボーナス後32G以内に必ず放出される仕組み。

連チャン放出時も初当たり抽選は行われ、その際は連チャンが上乗せされる。

リプレイバージョン

リプレイバージョンの由来は、ボーナス放出前に前兆としてリプレイが頻出することからそう呼ばれている。

チェリーバージョン

性能は32Gバージョンと同じ。

初当たり契機のほとんどがチェリー成立からとなっている。

チェリー成立時にボーナス抽選をするのではなく、ボーナス成立時に内部的にチェリー成立に切り替える仕様。

その場合はBIG確定だが、チェリーを引かずにボーナスに当選した場合はほとんどがREGである。

スイカバージョン

チャンスゾーン内でのみボーナスの抽選をするバージョン。

チャンスゾーンではスイカが頻出することからそう呼ばれている。

BIGボーナス中のリプレイ外しはチャンスゾーン消滅の可能性があるため推奨されていない。

ダイナマイトバージョン

REGボーナスから連チャンする裏モノ。

連チャン突入後は主にBIGボーナスを放出し、時折REGも混じることがある。

天井に到達した際は2つのボーナスを放出して終了するため連チャンはしない。

ハナハナシリーズ一覧

歴代ハナハナシリーズのスペックや特徴全まとめ

ハナハナ30(2001年5月~)
スーパーハナハナ30(2003年8月~)
ドンドンハナハナ30(2004年11月~)
ニューハナハナ30(2007年2月~)
スペシャルハナハナ30(2008年7月~)
サンサンハナハナ30(2009年8月~)
スペシャルハナハナⅡ30(2010年12月~)
キングハナハナ30(2011年10月~)
ドラゴンハナハナ30(2012年10月~)
クイーンハナハナ30(2013年10月~)
ニューキングハナハナ30(2014年9月~)
ハナハナホウオウ30(2015年9月~)
ドリームハナハナ30(2016年6月~)
グレートキングハナハナ(2017年7月~)

【4号機】スーパーハナハナ30|スペック・解析・打ち方まとめ

スーパーハナハナ30

スーパーハナハナ30

©パイオニア

スーパーハナハナ30は2003年にパイオニアから発売された、ハナハナ30の正統後継機になります。

前作と異なる点は、RTによるストック機能が搭載されています。

そして何と言ってもスーハナの魅力はモード移行ですね。

あの荒いモード移行を楽しむために打った方も多いのではないでしょうか?

初代と似ているようで全く違うスーパーハナハナの解析です。

機種情報(スペック)

スーパーハナハナ30

©パイオニア

天井:1151G
設定変更後:1/4でモーニングモードに移行

BIG REG
設定1 1/240 1/409
設定2 1/240 1/399
設定3 1/240 1/390
設定4 1/240 1/381
設定5 1/240 1/372
設定6 1/240 1/364

機械割

設定1 90.1%
設定2 93.0%
設定3 96.4%
設定4 100.2%
設定5 104.3%
設定6 111.3%

RT解除・モード移行率

【通常中RT解除】
※移行条件:ボーナス成立時

設定1 1/241
設定2 1/225
設定3 1/210
設定4 1/194
設定5 1/180
設定6 1/149

【モード別RT解除】

連チャンA 1/20.0
連チャンB 1/20.0
連チャンC 1/20.0
モーニング 1/59.8

【通常モード滞在時】

移行先モード
通常 94.5%
連チャンA 2.3%
連チャンB 0.3%
連チャンC 0.1%
モーニング 2.7%

【連チャンAモード滞在時】

移行先モード
通常 0.8%
連チャンA 49.2%
連チャンB 0.3%
連チャンC 0.1%
モーニング 49.6%

【連チャンBモード滞在時】

移行先モード
通常 25.0%
連チャンB 74.8%
連チャンC 0.1%
モーニング 0.1%

【連チャンCモード滞在時】

移行先モード
連チャンC 87.5%
モーニング 12.5%

【モーニングモード滞在時】

移行先モード
通常 94.5%
連チャンA 2.3%
連チャンB 0.3%
連チャンC 0.1%
モーニング 2.7%

リール配置・打ち方

4号機 スーパーハナハナ30 リール

通常時

左リール上段付近に白7狙い
枠内白7停止で中・右リールフリー打ち


枠内スイカ出現時は中・右リールに白7or赤7、右リール枠下に白7を少し遅めに狙ってスイカフォロー

BIG中

1回目・2回目のJAN INまでは停止型に応じて小役狙い。

3回目から以下の手順でリプレイハズシを行います。

【1.2回目】


まず中リール上段に白7狙い
その後、停止出目に応じて打ち分けます。

パターン①


・成立役:スイカorハズレ
右リール枠下付近に白7狙い
スイカテンパイで左リール枠内にBARを狙ってスイカフォロー

パターン②


・成立役:スイカ
中リール中段にスイカ停止で右リール枠下付近に白7狙い、左リール枠内にBARを狙ってスイカフォロー

パターン③


・成立役:ベル
中リール中段にベル停止で左・右リールフリー打ち

パターン④


・成立役:ベルorハズレ
中リール中段にチェリー停止で、右リールフリー打ち
左リール枠内にBAR狙い

パターン⑤


・成立役:JACIN orハズレ
中リール中段にリプレイ停止で、左・右リールフリー打ち

【3回目/リプレイハズシ】

リプレイ外し リプハズシ リプ外し

・成立役:JACIN orハズレ
中リール中段にリプレイ停止で右リールフリー打ち
左リール枠内に白7狙いでハズシ
残り9P以降はJAC IN優先

小役確率

通常時 BIG中
リプレイ 1/7.3
ベル 1/8.9 1/2.8
チェリー 1/64.0 1/16.3~1/14.9
スイカ 1/256.0 1/5.6
JAC IN 1/3.6
純ハズレ 1/16384
ハズレ 1/7.5~1/7.8

設定判別・設定差解析

スーパーハナハナ30はREG確率に若干の設定差が設けられています。

ただ設定1~設定6でもそこまで差があるわけではないので、設定判別の際は補足程度に考えておくのが良いでしょう。

現実的なところで言うと、BIG中のチェリー確率に設定差があります。

設定1で1/16.3~設定6で1/14.9と高設定になるにつれてチェリーが出現しやすくなっています。

ハナハナシリーズ一覧

歴代ハナハナシリーズのスペックや特徴全まとめ

ハナハナ30(2001年5月~)
スーパーハナハナ30(2003年8月~)
ドンドンハナハナ30(2004年11月~)
ニューハナハナ30(2007年2月~)
スペシャルハナハナ30(2008年7月~)
サンサンハナハナ30(2009年8月~)
スペシャルハナハナⅡ30(2010年12月~)
キングハナハナ30(2011年10月~)
ドラゴンハナハナ30(2012年10月~)
クイーンハナハナ30(2013年10月~)
ニューキングハナハナ30(2014年9月~)
ハナハナホウオウ30(2015年9月~)
ドリームハナハナ30(2016年6月~)
グレートキングハナハナ(2017年7月~)

ニューハナハナ30|スペック・解析・打ち方まとめ

ニューハナハナ

ニューハナハナ

©パイオニア

ニューハナハナ30は2007年にパイオニアから発売された純Aタイプのパチスロ機です。

ここではニューハナハナ30のスペックや打ち方、設定差などの情報をご紹介していきます。

ハナハナ30、ドンドンハナハナ30の後継機であるニューハナハナ30はこんな仕様でした。

機種情報(スペック)

ニューハナハナ30

©パイオニア
BIG REG 合算
設定1 1/327 1/555 1/206
設定2 1/315 1/512 1/195
設定3 1/303 1/474 1/185
設定4 1/292 1/442 1/176
設定5 1/284 1/420 1/169
設定6 1/277 1/399 1/163

機械割

設定1 95%
設定2 98%
設定3 100%
設定4 103%
設定5 105%
設定6 107%

リール配置・打ち方

ニューハナハナ30

通常時


左リール枠内にハイビスカスを目安にチェリー狙い。

以下2パターンの停止型に応じて打ち方を変化させていけばOK。

パターン①

・成立役:ハズレ・ベル・リプレイ・BR
左リール枠内チェリー・スイカ否停止、中・右リールフリー打ち

パターン②

・成立役:チェリー
左リール枠内チェリー停止、中・右リールフリー打ち

パターン③

・成立役:スイカ
左リール枠内スイカ停止、中リール枠内に赤7狙い、右リールに赤7を早めに狙う(もしくはBARを枠下遅め)

ボーナス中

通常時と同じ打ち方でチェリー・スイカを取得する。

通常時の小役確率

ベル確率
設置1 1/6.76
設定2 1/6.72
設定3 1/6.69
設定4 1/6.65
設定5 1/6.62
設定6 1/6.58
全設定共通
リプレイ 1/7.3
チェリー 1/64
スイカ 1/163.84

BIG中の小役確率

ベル チェリー スイカ
設定1 1/1.02 1/64 1/163.84
設定2 1/1.02 1/64 1/148.95
設定3 1/1.02 1/64 1/136.50
設定4 1/1.02 1/64 1/126.03
設定5 1/1.02 1/64 1/117.03
設定6 1/1.03 1/64 1/109.23

設定判別・設定差解析

ニューハナハナ30の設定差は主にボーナス確率に設けられています。

通常時のベル確率にも設定差が存在するが差が小さいですね。

またBIG中のスイカ確率にも設定差があり、設定1と設定6に約1.5倍の差があります。

サンプル数を増やすことができると大きな推測要素になりますね。

設定1~設定6
ボーナス合算 1/206~1/163
REG確率 1/555~1/399
BIG中スイカ 1/164~1/109

また朝一の設定変更を判別する方法としてはガックンチェックがあります。

ハナハナはどのシリーズもガックンが見にくいですが、もし把握することが出来たら設定判別の足しになることは間違いありません。

ハナハナでガックンチェックしてもわからない?リセット挙動と見極め

ハナハナシリーズ一覧

歴代ハナハナシリーズのスペックや特徴全まとめ

ハナハナ30(2001年5月~)
スーパーハナハナ30(2003年8月~)
ドンドンハナハナ30(2004年11月~)
ニューハナハナ30(2007年2月~)
スペシャルハナハナ30(2008年7月~)
サンサンハナハナ30(2009年8月~)
スペシャルハナハナⅡ30(2010年12月~)
キングハナハナ30(2011年10月~)
ドラゴンハナハナ30(2012年10月~)
クイーンハナハナ30(2013年10月~)
ニューキングハナハナ30(2014年9月~)
ハナハナホウオウ30(2015年9月~)
ドリームハナハナ30(2016年6月~)
グレートキングハナハナ(2017年7月~)

グレートキングハナハナ|スペック・解析・打ち方まとめ

グレートキングハナハナ

グレートキングハナハナ

©パイオニア

グレートキングハナハナは2017年にパイオニアから発売された純Aタイプのパチスロ機です。

新機能king crown ramp(キングクラウンランプ)やバイブレーション機能が搭載されています。

また今作からデカコインでなく、通常のサイズと同様に遊べる規格も出ましたので全国で導入が広がっています。

そんなグレートキングハナハナのスペックや打ち方、設定差などの情報をご紹介していきます。

機種情報(スペック)

グレートキングハナハナ

©パイオニア
純増枚数
(規定払い出し枚数)

BIG・・・約312枚
(345枚)
REG・・・約130枚
(135枚)

BIG REG 合算
設定1 1/299 1/496 1/186
設定2 1/288 1/468 1/178
設定3 1/278 1/436 1/170
設定4 1/268 1/407 1/161
設定5 1/255 1/374 1/151
設定6 1/234 1/336 1/138

機械割

設定1 96%
設定2 98%
設定3 101%
設定4 104%
設定5 107%
設定6 112%

リール配置・打ち方

ドリームハナハナ

通常時


左リール枠内にBARを目安にチェリーを狙う。

以下3パターンの停止型に応じて打ち方を変化させていけばOK。

パターン①

・成立役:ハズレ・ベル・リプレイ
左リール枠内チェリー・スイカ否停止、中・右リールフリー打ち

パターン②

・成立役:チェリー
左リール枠内チェリー停止、中・右リールフリー打ち

パターン③

・成立役:スイカ
左リール枠内スイカ停止、中リール白7を目安にスイカをフォロー、右リール白7を枠外に早めに狙いスイカをフォロー

BIG中

左右のサイドランプ点滅時に通常時と同じ打ち方でチェリー・スイカを取得する。

その他は全リール適当打ち。

REG中


左リール中段に白7をビタ押しし、中・右リールにスイカを狙いスイカを1回だけ入賞させる。

スイカが入賞した時に光るサイドランプの色の種類に設定差が存在する。

通常時の小役確率

ベル(実践値)
設置1 1/7.48
設定2 1/7.40
設定3 1/7.40
設定4 1/7.41
設定5 1/7.31
設定6 1/7.22

BIG中の小役確率

スイカ(実践値) ハズレ(実践値)
設定1 1/47.62 1/64992.01
設定2 1/41.81 1/34272.01
設定3 1/40.62 1/21301.32
設定4 1/39.48 1/17580.01
設定5 1/34.48 1/13710.85
設定6 1/32.26 1/10930.66

REG中サイドランプ

青色 黄色
設定1 35.99% 23.99%
設定2 23.19% 34.78%
設定3 33.57% 22.38%
設定4 21.56% 32.34%
設定5 31.08% 20.72%
設定6 24.80% 24.80%
緑色 赤色
設定1 23.99% 16.00%
設定2 16.79 25.19%
設定3 26.37% 17.58%
設定4 18.37% 27.55%
設定5 28.69% 19.12%
設定6 24.80% 24.80%
虹色
設定1 0.02%
設定2 0.05%
設定3 0.10%
設定4 0.20%
設定5 0.39%
設定6 0.78%

ボーナス後パネルフラッシュ

BIG終了後
上のみ 上下
設定1 7.32% 2.44%
設定2 7.91% 2.64%
設定3 8.79% 2.93%
設定4 9.67% 3.22%
設定5 10.55% 3.52%
設定6 11.72% 3.91%
REG終了後
上のみ 上下
設定1
設定2
設定3 0.20%
設定4 0.39
設定5 0.49% 0.10%
設定6 0.59% 0.20%

連チャン時のレトロサウンド発生率

ボーナス後87G以内に連チャンするとBGM変化が発生する可能性があり、レトロ音源が流れることがある。

このBGM変化の発生率に設定差が存在する。

発生率
設定1 6.25%
設定2 7.03%
設定3 7.81%
設定4 9.38%
設定5 10.94%
設定6 12.50%

設定判別・設定差解析

ドリームハナハナ30は前作までのハナハナと同様に、数値的な設定差はボーナス確率・通常時のベル・BIG中スイカに設けられています。

実践値では、通常時のチェリーやスイカにも設定差があるようにも見えますが、実際は誤差程度なので、気にしなくて良いレベルでしょう。

BIG中のスイカ確率に差があり設定1と設定6に約1.5倍の差があります。

設定1~設定6
ボーナス合算 1/186~1/138
REG確率 1/496~1/336
通常時ベル 1/7.48~1/7.22
BIG中スイカ 1/48~1/32
BIG中ハズレ 1/64992~1/10930

今作ではBIG中のハズレに大きな設定差がありますが、確率自体低いので出たらラッキーレベルで考えると良いでしょう。

設定1は6万分の1ですし、ボーナス中ということを考えるとプレミアフラグよりも発生率は低いと思っていいので、数回確認出来るようなら高設定域は間違いないでしょう。

BIG後パネルフラッシュ

・高設定ほど発生しやすい

REG後パネルフラッシュ

・上のみ発生時点で設定3以上濃厚
・上下フラッシュ発生で設定5.6濃厚

レトロサウンド発生

・高設定ほど発生しやすい

REG中ビタ押し成功のサイドフラッシュ

・奇数の場合、青色・緑色フラッシュが多い
・偶数の場合、黄色・赤色フラッシュが多い
・虹色フラッシュは高設定ほど発生しやすい
・設定6のみ青・黄・緑・赤の割合が一定

設定差や設定判別のポイントは、前作のドリームハナハナ30とほぼ同じで、前作を打っていると今作もすぐに判別出来るでしょう。

また朝一の設定変更を判別する方法としてはガックンチェックがあります。

ハナハナはどのシリーズもガックンが見にくいですが、もし把握することが出来たら設定判別の足しになることは間違いありません。

ハナハナでガックンチェックしてもわからない?リセット挙動と見極め

ハナハナシリーズ一覧

歴代ハナハナシリーズのスペックや特徴全まとめ

ハナハナ30(2001年5月~)
スーパーハナハナ30(2003年8月~)
ドンドンハナハナ30(2004年11月~)
ニューハナハナ30(2007年2月~)
スペシャルハナハナ30(2008年7月~)
サンサンハナハナ30(2009年8月~)
スペシャルハナハナⅡ30(2010年12月~)
キングハナハナ30(2011年10月~)
ドラゴンハナハナ30(2012年10月~)
クイーンハナハナ30(2013年10月~)
ニューキングハナハナ30(2014年9月~)
ハナハナホウオウ30(2015年9月~)
ドリームハナハナ30(2016年6月~)
グレートキングハナハナ(2017年7月~)

スペシャルハナハナⅡ30|スペック・解析・打ち方まとめ

スペシャルハナハナ2

スペシャルハナハナ2

©パイオニア

スペシャルハナハナⅡ30は2010年にパイオニアから発売された純Aタイプのパチスロ機です。

2010年までの歴代ハナハナシリーズの中では最高の機械割であるハナハナです。

ここではそんなスペシャルハナハナⅡ30のスペックや打ち方、設定差などの情報をご紹介していきます。

機種情報(スペック)

スペシャルハナハナ2

©パイオニア
純増枚数
(規定払い出し枚数)

BIG・・・約312枚
(345枚)
REG・・・約130枚
(135枚)

BIG REG 合算
設定1 1/312 1/520 1/195
設定2 1/303 1/489 1/187
設定3 1/290 1/452 1/176
設定4 1/275 1/417 1/165
設定5 1/259 1/383 1/154
設定6 1/244 1/348 1/143

機械割

設定1 96%
設定2 98%
設定3 101%
設定4 104%
設定5 107%
設定6 111%

リール配置・打ち方

スペシャルハナハナ2

通常時


左リール枠内にBARを目安にチェリーを狙う。

以下3パターンの停止型に応じて打ち方を変化させていけばOK。

パターン①

・成立役:ハズレ・ベル・リプレイ
左リール枠内チェリー・スイカ否停止、中・右リールフリー打ち

パターン②

・成立役:チェリー
左リール枠内チェリー停止、中・右リールフリー打ち

パターン③

・成立役:スイカ
左リール枠内スイカ停止、中リール白7を目安にスイカをフォロー、右リール白7を枠外に早めに狙いスイカをフォロー

BIG中

左右のサイドランプ点滅時に通常時と同じ打ち方でチェリー・スイカを取得する。

その他は全リール適当打ち。

REG中

全リール適当打ちでOK。

通常時の小役確率

ベル確率
設置1 1/6.76
設定2 1/6.72
設定3 1/6.69
設定4 1/6.65
設定5 1/6.62
設定6 1/6.58
全設定共通
リプレイ 1/7.3
チェリー 1/64
スイカ 1/163.84

BIG中の小役確率

全設定共通
ベル 1/1.05
チェリー 1/64
スイカ ハズレ
設定1 1/163.84 1/46.02
設定2 1/148.95 1/44.77
設定3 1/136.53 1/43.57
設定4 1/126.03 1/42.45
設定5 1/117.03 1/41.37
設定6 1/109.23 1/40.35

設定判別・設定差解析

スペックに関しては、スペシャルハナハナ30とほとんど同様で、設定差は通常時のベルボーナス確率に設けられています。

BIGよりもREG確率に大きな差があるため要注目ですね。

ベルに関しては設定差が小さいので、おまけ程度の判断で良いかなと思います。

またBIG中は差が約1.5倍あるスイカに加えて、ハズレ確率にも設定差が設けられています。

これらは必ずカウントしておく癖をつけると設定差を見抜きやすくなります。

設定1~設定6
ボーナス合算 1/195~1/143
REG確率 1/520~1/348
BIG中スイカ 1/164~1/109
BIG中ハズレ 1/46~1/40

また朝一の設定変更を判別する方法としてはガックンチェックがあります。

ハナハナはどのシリーズもガックンが見にくいですが、もし把握することが出来たら設定判別の足しになることは間違いありません。

ハナハナでガックンチェックしてもわからない?リセット挙動と見極め

ハナハナシリーズ一覧

歴代ハナハナシリーズのスペックや特徴全まとめ

ハナハナ30(2001年5月~)
スーパーハナハナ30(2003年8月~)
ドンドンハナハナ30(2004年11月~)
ニューハナハナ30(2007年2月~)
スペシャルハナハナ30(2008年7月~)
サンサンハナハナ30(2009年8月~)
スペシャルハナハナⅡ30(2010年12月~)
キングハナハナ30(2011年10月~)
ドラゴンハナハナ30(2012年10月~)
クイーンハナハナ30(2013年10月~)
ニューキングハナハナ30(2014年9月~)
ハナハナホウオウ30(2015年9月~)
ドリームハナハナ30(2016年6月~)
グレートキングハナハナ(2017年7月~)

サンサンハナハナ30|スペック・解析・打ち方まとめ

サンサンハナハナ

サンサンハナハナ

©パイオニア

サンサンハナハナ30は2009年にパイオニアから発売された純Aタイプのパチスロ機です。

1世代前のスペシャルハナハナに比べ多彩な点滅パターンが搭載されており、当選ゲームの次ゲーム告知の割合も増えています。

ここではそんなサンサンハナハナ30のスペックや打ち方、設定差などの情報をご紹介していきます。

機種情報(スペック)

スペシャルハナハナ

©パイオニア
BIG REG 合算
設定1 1/306 1/496 1/189
設定2 1/296 1/468 1/181
設定3 1/282 1/442 1/172
設定4 1/268 1/412 1/162
設定5 1/256 1/385 1/153
設定6 1/244 1/364 1/146

機械割

設定1 95%
設定2 98%
設定3 100%
設定4 103%
設定5 106%
設定6 110%

リール配置・打ち方

サンサンハナハナ

通常時


左リール枠内にBARを目安にチェリーを狙う。

以下2パターンの停止型に応じて打ち方を変化させていけばOK。

パターン①

・成立役:ハズレ・ベル・リプレイ
左リール枠内チェリー・スイカ否停止、中・右リールフリー打ち

パターン②

・成立役:チェリー
左リール枠内チェリー停止、中・右リールフリー打ち

パターン③

・成立役:スイカ
左リール枠内スイカ停止時、中リール枠上~上段に白7狙い、右リール上段枠上に早めに白7狙い

BIG中

通常時と同じ打ち方でチェリー・スイカを取得する。

REG中


REG中は左リール中段に白7をビタ押し、中・右リールにスイカを狙い1回だけスイカを入賞させる。
スイカ入賞時に光るサイドランプの点滅パターンに設定差が存在する。

通常時の小役確率

全設定共通
リプレイ 1/7.87
ベル 1/7.79
チェリー 1/54.14
スイカ 1/178.35

BIG中の小役確率

全設定共通
ベル 1/1.05
チェリー 1/54.76
ハズレ 1/10130
スイカ
設定1 1/49.17
設定2 1/33.39
設定3 1/49.17
設定4 1/32.52
設定5 1/34.47
設定6 1/32.17

REG中のサイドランプ点滅パターン

設定1 60% 40%
設定2 40% 60%
設定3 60% 40%
設定4 40% 60%
設定5 60% 40%
設定6 50% 50%

設定判別・設定差解析

サンサンハナハナ30の設定差は主にボーナス確率に設けられています。

通常時の小役確率には設定差はないので注意ですね。

BIG中のスイカ確率に若干の差があり、偶数設定の方がスイカが出現しやすい仕様となっています。

BIG中スイカ確率が良くても設定2の可能性も十分あるので、ボーナス確率と合わせて判断していくべきでしょう。

そして今作から、REG中の技術介入により判断できる判別要素が加わりました。

REG中で一回ビタ押しを成功させてスイカを揃えることにより、サイドランプの点滅パターンにも設定差があり奇数設定なら左偶数設定なら右の点滅が多く、設定6は均等な割合で点滅しやすいです。

設定1~設定6
ボーナス合算 1/189~1/146
REG確率 1/496~1/364

また朝一の設定変更を判別する方法としてはガックンチェックがあります。

ハナハナはどのシリーズもガックンが見にくいですが、もし把握することが出来たら設定判別の足しになることは間違いありません。

ハナハナでガックンチェックしてもわからない?リセット挙動と見極め

ハナハナシリーズ一覧

歴代ハナハナシリーズのスペックや特徴全まとめ

ハナハナ30(2001年5月~)
スーパーハナハナ30(2003年8月~)
ドンドンハナハナ30(2004年11月~)
ニューハナハナ30(2007年2月~)
スペシャルハナハナ30(2008年7月~)
サンサンハナハナ30(2009年8月~)
スペシャルハナハナⅡ30(2010年12月~)
キングハナハナ30(2011年10月~)
ドラゴンハナハナ30(2012年10月~)
クイーンハナハナ30(2013年10月~)
ニューキングハナハナ30(2014年9月~)
ハナハナホウオウ30(2015年9月~)
ドリームハナハナ30(2016年6月~)
グレートキングハナハナ(2017年7月~)

スペシャルハナハナ30|スペック・解析・打ち方まとめ

スペシャルハナハナ

スペシャルハナハナ

©パイオニア

スペシャルハナハナ30は2008年にパイオニアから発売された純Aタイプのパチスロ機です。

ニューハナハナ30のスペックアップ版の機種になっっており、ニューハナハナの進化とも言える機種になりますね。

ここではニューハナハナ30のスペックや打ち方、設定差などの情報をご紹介していきます。

機種情報(スペック)

スペシャルハナハナ

©パイオニア
BIG REG 合算
設定1 1/327 1/504 1/204
設定2 1/312 1/504 1/192
設定3 1/297 1/468 1/182
設定4 1/286 1/436 1/172
設定5 1/276 1/409 1/165
設定6 1/268 1/385 1/158

機械割

設定1 95%
設定2 98%
設定3 100%
設定4 103%
設定5 106%
設定6 109%

リール配置・打ち方

スペシャルハナハナ

通常時


左リール枠内にハイビスカスを目安にチェリーを狙う。

以下2パターンの停止型に応じて打ち方を変化させていけばOK。

パターン①

・成立役:ハズレ・ベル・リプレイ・BR
左リール枠内チェリー・スイカ否停止、中・右リールフリー打ち

パターン②

・成立役:チェリー
左リール枠内チェリー停止、中・右リールフリー打ち

パターン③

・成立役:スイカ
左リール枠内スイカ停止、中・右リールスイカ狙い

ボーナス中

通常時と同じ打ち方でチェリー・スイカを取得する。

通常時の小役確率

ベル確率
設置1 1/6.76
設定2 1/6.72
設定3 1/6.69
設定4 1/6.65
設定5 1/6.62
設定6 1/6.58
全設定共通
リプレイ 1/7.3
チェリー 1/64
スイカ 1/163.84

BIG中の小役確率

全設定共通
ベル 1/1.05
チェリー 1/64
スイカ ハズレ
設定1 1/163.84 1/46.02
設定2 1/148.95 1/44.77
設定3 1/136.53 1/43.57
設定4 1/126.03 1/42.45
設定5 1/117.03 1/41.37
設定6 1/109.23 1/40.35

設定判別・設定差解析

スペシャルハナハナ30の設定差は通常時のベルボーナス確率に設けられています。

BIGよりもREG確率に大きな差があるため要注目ですね。

ベルに関しては設定差が小さいので、おまけ程度の判断で良いかなと思います。

またBIG中は差が約1.5倍あるスイカに加えて、ハズレ確率にも設定差が設けられています。

これらは必ずカウントしておく癖をつけると設定差を見抜きやすくなります。

設定1~設定6
ボーナス合算 1/204~1/158
REG確率 1/504~1/385
BIG中スイカ 1/164~1/109
BIG中ハズレ 1/46~1/40

また朝一の設定変更を判別する方法としてはガックンチェックがあります。

ハナハナはどのシリーズもガックンが見にくいですが、もし把握することが出来たら設定判別の足しになることは間違いありません。

ハナハナでガックンチェックしてもわからない?リセット挙動と見極め

ハナハナシリーズ一覧

歴代ハナハナシリーズのスペックや特徴全まとめ

ハナハナ30(2001年5月~)
スーパーハナハナ30(2003年8月~)
ドンドンハナハナ30(2004年11月~)
ニューハナハナ30(2007年2月~)
スペシャルハナハナ30(2008年7月~)
サンサンハナハナ30(2009年8月~)
スペシャルハナハナⅡ30(2010年12月~)
キングハナハナ30(2011年10月~)
ドラゴンハナハナ30(2012年10月~)
クイーンハナハナ30(2013年10月~)
ニューキングハナハナ30(2014年9月~)
ハナハナホウオウ30(2015年9月~)
ドリームハナハナ30(2016年6月~)
グレートキングハナハナ(2017年7月~)

キングハナハナ30|スペック・解析・打ち方まとめ

キングハナハナ

キングハナハナ

©パイオニア

キングハナハナ30は2011年にパイオニアから発売された純Aタイプのパチスロ機です。

前作のスペシャルハナハナⅡ30と同様に、高い機械割がそのままの状態となっていますね。

ここではそんなキングハナハナ30のスペックや打ち方、設定差などの情報をご紹介していきます。

機種情報(スペック)

キングハナハナ

©パイオニア
純増枚数
(規定払い出し枚数)

BIG・・・約312枚
(345枚)
REG・・・約130枚
(135枚)

BIG REG 合算
設定1 1/303 1/504 1/189
設定2 1/293 1/474 1/181
設定3 1/281 1/439 1/171
設定4 1/268 1/407 1/161
設定5 1/255 1/374 1/151
設定6 1/239 1/341 1/140

機械割

設定1 96%
設定2 98%
設定3 101%
設定4 104%
設定5 107%
設定6 111%

リール配置・打ち方

キングハナハナ

通常時


左リール枠内にBARを目安にチェリーを狙う。

以下3パターンの停止型に応じて打ち方を変化させていけばOK。

パターン①

・成立役:ハズレ・ベル・リプレイ
左リール枠内チェリー・スイカ否停止、中・右リールフリー打ち

パターン②

・成立役:チェリー
左リール枠内チェリー停止、中・右リールフリー打ち

パターン③

・成立役:スイカ
左リール枠内スイカ停止、中リール白7を目安にスイカをフォロー、右リール白7を枠外に早めに狙いスイカをフォロー

BIG中

左右のサイドランプ点滅時に通常時と同じ打ち方でチェリー・スイカを取得する。

その他は全リール適当打ち。

REG中


左リール中段に白7をビタ押しし、中・右リールにスイカを狙いスイカを1回だけ入賞させる。

スイカが入賞した時に光るサイドランプの点滅の種類に設定差が存在する。

通常時の小役確率

ベル確率
設置1 1/7.40
設定2 1/7.37
設定3 1/7.31
設定4 1/7.27
設定5 1/7.27
設定6 1/7.21

BIG中の小役確率(実践値)

スイカ
設定1 1/49.53
設定2 1/43.72
設定3 1/41.26
設定4 1/40.62
設定5 1/40.58
設定6 1/33.33
引用:パチンコ・パチスロ攻略マガジン

REG中サイドランプ点灯比率

設定1 60% 40%
設定2 40% 60%
設定3 60% 40%
設定4 40% 60%
設定5 60% 40%
設定6 50% 50%

ボーナス後パネルフラッシュ

BIG後 REG後
設定1 9.77%
設定2 10.55%
設定3 11.52% 0.20%
設定4 12.70% 0.39%
設定5 14.06% 0.59%
設定6 15.63% 0.78%

設定判別・設定差解析

キングハナハナ30から新たにパネルフラッシュが加わり、設定判別要素が多彩になってきたと言えるでしょう。

数字的に設定差があるのは、ボーナス合算・通常時ベル・BIG中スイカの3種類ですね。

設定1~設定6
ボーナス合算 1/189~1/140
REG確率 1/504~1/341
通常時ベル 1/7.40~1/7.21
BIG中スイカ 1/49~1/33

加えて、まずはREG中にビタ押しでスイカを取得した時に点灯するサイドランプを確認します。

左右種類により偶数設定は右、奇数設定は左が点灯しやすくなっており、設定6では左右同じ確率で出現します。

更に、ボーナス後に上部パネルフラッシュの出現率に設定差が存在し、REG終了後に出現すると設定3以上が確定する。

パネルフラッシュが出現すればするほど高設定の期待が高まるので、確実にチェックしましょう。

また朝一の設定変更を判別する方法としてはガックンチェックがあります。

ハナハナはどのシリーズもガックンが見にくいですが、もし把握することが出来たら設定判別の足しになることは間違いありません。

ハナハナでガックンチェックしてもわからない?リセット挙動と見極め

ハナハナシリーズ一覧

歴代ハナハナシリーズのスペックや特徴全まとめ

ハナハナ30(2001年5月~)
スーパーハナハナ30(2003年8月~)
ドンドンハナハナ30(2004年11月~)
ニューハナハナ30(2007年2月~)
スペシャルハナハナ30(2008年7月~)
サンサンハナハナ30(2009年8月~)
スペシャルハナハナⅡ30(2010年12月~)
キングハナハナ30(2011年10月~)
ドラゴンハナハナ30(2012年10月~)
クイーンハナハナ30(2013年10月~)
ニューキングハナハナ30(2014年9月~)
ハナハナホウオウ30(2015年9月~)
ドリームハナハナ30(2016年6月~)
グレートキングハナハナ(2017年7月~)

ドラゴンハナハナ30|スペック・解析・打ち方まとめ

ドラゴンハナハナ

ドラゴンハナハナ

©パイオニア

ドラゴンハナハナ30は2012年にパイオニアから発売された純Aタイプのパチスロ機です。

昇竜フリーズをはじめとするプレミアム告知を搭載されており、今までにはなかったバックライトフラッシュを搭載している機種です。

ここではそんなドラゴンハナハナ30のスペックや打ち方、設定差などの情報をご紹介していきます。

機種情報(スペック)

ドラゴンハナハナ

©パイオニア
BIG REG 合算
設定1 1/297 1/496 1/186
設定2 1/287 1/464 1/177
設定3 1/275 1/431 1/168
設定4 1/262 1/397 1/157
設定5 1/248 1/366 1/147
設定6 1/235 1/336 1/138

機械割

設定1 96%
設定2 98%
設定3 101%
設定4 104%
設定5 107%
設定6 111%

リール配置・打ち方

ドラゴンハナハナ

通常時


左リール枠内にBARを目安にチェリーを狙う。

以下3パターンの停止型に応じて打ち方を変化させていけばOK。

パターン①

・成立役:ハズレ・ベル・リプレイ・BR
左リール枠内チェリー・スイカ否停止、中・右リールフリー打ち

パターン②

・成立役:チェリー
左リール枠内チェリー停止、中・右リールフリー打ち

パターン③

・成立役:スイカ
左リール枠内スイカ停止、中リール白7を目安にスイカをフォロー、右リール白7を枠外に早めに狙いスイカをフォロー

BIG中

左右のサイドランプ点滅時に通常時と同じ打ち方でチェリー・スイカを取得する。

その他は全リール適当打ち。

REG中


左リール中段に白7をビタ押しし、中・右リールにスイカを狙いスイカを1回だけ入賞させる。

スイカが入賞した時に光るサイドランプの点滅の種類に設定差が存在する。

通常時の小役確率

ベル確率(実践値)
設置1 1/7.8
設定2 1/7.75
設定3 1/7.7
設定4 1/7.65
設定5 1/7.55
設定6 1/7.45
引用:パチンコ・パチスロ攻略マガジン

BIG中の小役確率

スイカ(実践値)
設定1 1/49.78
設定2 1/39.55
設定3 1/33.79
設定4 1/34.10
設定5 1/36.60
設定6 1/33.01
引用:パチンコ・パチスロ攻略マガジン

ボーナス後パネルフラッシュ

BIG後 REG後
設定1 9.77%
設定2 10.55%
設定3 11.52% 0.20%
設定4 12.70% 0.39%
設定5 14.06% 0.59%
設定6 15.63% 0.78%

REG中サイドランプ点灯比率

両方
設定1 59.08% 39.36% 1.56%
設定2 39.26% 58.98% 1.76%
設定3 58.89% 39.16% 1.95%
設定4 39.06% 58.59% 2.34%
設定5 58.40% 38.87% 2.73%
設定6 48.44% 48.44% 3.13%

設定判別・設定差解析

ドラゴンハナハナ30は前作のキングハナハナと同様に、数値的な設定差はボーナス確率・通常時のベル・BIG中スイカに設けられています。

BIG中のスイカ確率に差があり設定1と設定6に約1.5倍の差があります。

設定1~設定6
ボーナス合算 1/186~1/138
REG確率 1/496~1/336
通常時ベル 1/7.8~1/7.45
BIG中スイカ 1/49.7~1/33

他には、REG中にビタ押しでスイカを取得した時に点灯するサイドランプの左右種類により偶数設定は右、奇数設定は左が点灯しやすくなっています。

また今作では、高設定ほど左右同時点灯がしやすくなっていますね。

ボーナス後に上部パネルフラッシュの出現率に設定差が存在し、REG終了後に出現すると設定3以上が確定します。

パネルフラッシュが出現するほど高設定の期待が高まります。

また朝一の設定変更を判別する方法としてはガックンチェックがあります。

ハナハナはどのシリーズもガックンが見にくいですが、もし把握することが出来たら設定判別の足しになることは間違いありません。

ハナハナでガックンチェックしてもわからない?リセット挙動と見極め

ハナハナシリーズ一覧

歴代ハナハナシリーズのスペックや特徴全まとめ

ハナハナ30(2001年5月~)
スーパーハナハナ30(2003年8月~)
ドンドンハナハナ30(2004年11月~)
ニューハナハナ30(2007年2月~)
スペシャルハナハナ30(2008年7月~)
サンサンハナハナ30(2009年8月~)
スペシャルハナハナⅡ30(2010年12月~)
キングハナハナ30(2011年10月~)
ドラゴンハナハナ30(2012年10月~)
クイーンハナハナ30(2013年10月~)
ニューキングハナハナ30(2014年9月~)
ハナハナホウオウ30(2015年9月~)
ドリームハナハナ30(2016年6月~)
グレートキングハナハナ(2017年7月~)