ドンドンハナハナ30|スペック・解析・打ち方まとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ドンドンハナハナ30

©パイオニア

ドンドンハナハナ30は4.5号機として発売されたストック機能無しの純Aタイプのパチスロ機です。

初代ハナハナ30の後継機であるドンドンハナハナ30のスペック、打ち方、設定差などの情報をご紹介していきます。

機種情報(スペック)

ドンドンハナハナ30

©パイオニア
BIG REG
設定1 1/309 1/655
設定2 1/292 1/650
設定3 1/273 1/626
設定4 1/256 1/605
設定5 1/240 1/566
設定6 1/240 1/364

機械割

設定1 90.5%
設定2 93.0%
設定3 96.3%
設定4 99.5%
設定5 102.9%
設定6 106.4%

リール配置・打ち方

ドンハナ リール配列

通常時

通常時 打ち方
左リールに白7を目安にチェリー狙い。

左リールの停止型に応じて、以下のパターンで打ち分け。

パターン①

DDT DDT打法

・成立役:ハズレ・ベル・リプレイ
左リール枠内チェリー・スイカ否停止、中・右リールフリー打ち

パターン②

チェリー ドンハナ

・成立役:チェリー
左リール枠内チェリー停止、中・右リールフリー打ち

パターン③

ドンハナ スイカフォロー

・成立役:スイカ
左リール枠内スイカ停止時、中リール赤7or白7狙い、右リールにBARを遅めに狙う

ボーナス中

小役ゲーム1.2回目は通常時と同じく左リール白7狙いで消化。

小役ゲーム3回目は以下の手順でリプレイ外しを行う。

リプレイハズシ手順

リプレイ外し リプ外し リプハズシ
まず中リール上段に白7狙い。
その後、停止出目に応じてリプレイハズシまたは小役を取得していきます。

パターン①

スイカ
・成立役:ハズレorスイカ
中リール中段に白7が停止で、右リールにスイカ狙い
スイカテンパイで左リール枠内にBAR狙い

パターン②

スイカ確定
・成立役:スイカ
中リール中段にスイカ停止で、右リールにスイカ狙い
左リール枠内にBAR狙いでスイカフォロー

パターン③

ベル
・成立役:ベル
中リール中段にベル停止でベル確定
左→右の順でフリー打ち

パターン④

ハズレ
・成立役:ハズレorベル
中リール中段にチェリー停止で、右リールフリー打ち
左リール枠内にBAR狙い

パターン⑤

ジャックイン
・成立役:JACIN orハズレ
中リール中段にリプレイ停止で、右リールフリー打ち
左リール枠内に白7を狙ってリプレイハズシ
※残り9P以降はJAC IN優先で消化

通常時の小役確率

低確率状態

リプレイ 1/7.3
ベル 1/9.4
チェリー 1/81.9
スイカ 1/256.0

高確率状態

リプレイ 1/7.3
ベル 1/12.8
チェリー 1/6.4
スイカ 1/25.6

BIG中の小役確率

ベル 1/2.8
チェリー 1/16.4
スイカ 1/5.7
JAC IN 1/3.6
JACハズレ 1/42.7

設定判別・設定差解析

ニューハナハナ30の設定差は主にボーナス確率に設けられています。

特にレギュラーボーナスの確率は設定1と設定6では約1.8倍もの差があります。

また朝一の設定変更を判別する方法としてはガックンチェックがあります。

ハナハナはどのシリーズもガックンが見にくいですが、もし把握することが出来たら設定判別の足しになることは間違いありません。

ハナハナでガックンチェックしてもわからない?リセット挙動と見極め

ハナハナシリーズ一覧

歴代ハナハナシリーズのスペックや特徴全まとめ

ハナハナ30(2001年5月~)
スーパーハナハナ30(2003年8月~)
ドンドンハナハナ30(2004年11月~)
ニューハナハナ30(2007年2月~)
スペシャルハナハナ30(2008年7月~)
サンサンハナハナ30(2009年8月~)
スペシャルハナハナⅡ30(2010年12月~)
キングハナハナ30(2011年10月~)
ドラゴンハナハナ30(2012年10月~)
クイーンハナハナ30(2013年10月~)
ニューキングハナハナ30(2014年9月~)
ハナハナホウオウ30(2015年9月~)
ドリームハナハナ30(2016年6月~)
グレートキングハナハナ(2017年7月~)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*