ハナハナでガックンチェックしてもわからない?リセット挙動と見極め

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

リセット ガックン 判別
朝一設定変更されたらリールがブルッと震えることを「ガックン」と呼びますが、それを見極めることが出来たら設定変更されたと判断が出来ます。

ただし機種によってバラつきがありますし、リールの劣化で毎回ブルッと震えてしまうような筐体も存在するわけです。

朝の一発で丸わかりなら誰しもが意識することですし、そもそも本当に判断できるか疑問でもありますよね?

今回はハナハナに関して朝一のリセット挙動やこのようなガックン判別が有効か、調べてみました。

設定変更で何故ガックンするのか?

設定変更 劣化
そもそも「ガックン」と呼ばれる現象が何故起こるのですが、一般的に言われていることは設定変更すると、リールが初期状態戻りその反動でリールが震えたように見えるということです。

リールというのは、いつも一定の場所で止まっているように見えて若干目に見えないレベルでズレていたりします。

通常回しているとそのガックンは起こらないのですが、設定変更をすると内部的にリールも初期状態に戻ろうとするわけですね。

ですので、ガックン=設定変更(リセット)と判断することが出来て、逆にガックンしなければ設定据え置き濃厚という風に判断が可能です。

ハナハナのガックンは見にくい?

ガックン 判別 無理
ハナハナは朝一のBETランプ点灯で設定変更を判断する方法もありましたが、それは機種によるので出来ない機種の方が多いです。

となるとガックンチェックでのリセット判別をする必要があるということになるでしょう。

ただしハナハナの場合、どの機種もそうですがガックンチェックが見にくい、わからないという声が非常に多いです。

その通りなのですが、ジャグラーなどに比べてガックンでの判別が中々難しい状況ですね。

ここで実際に据え置きとリセットでのガックンの違いを見てみましょう。

ドリームハナハナ リールガックン動画

最後のスローモーションまで見たとしても、中々判断することは難しいですよね?

ですので、ガックンチェックだけで設定変更を見抜くことは非常に困難だということを覚えておきましょう。

もしこのガックン判別を完璧に把握することが出来れば、朝一の立ち回りで非常に有利になることは間違いありません。

ただ最近ですとどの機種でもお店側の対策をされていることが多いですし、全台7揃いなどしていると最早ガックンなど見分けることは困難です。

あくまでこちらは参考までに、毎回ちょっとだけ気にするレベルで良いのではないでしょうか。

お店が対策出来ること

店側 対策
朝一のガックンチェックは簡単に対策されてしまいます。

というのも、このガックンというのはリールが変わっていないこと前提で確認することなのです。

となると基本的にリセット判別でガックンチェックをするためには以下の流れでやっていく必要があります。

  1. 前日の出目をメモ
  2. 出目が変わっていないかチェック
  3. 変わっていれば判別不可
  4. 変わって無ければガックンチェック

設定変更した後に、1Gでも回されているとその台はガックンしないということになります。

となるとそれを確認するために、前日の出目をメモしておく必要があるでしょう。

これは実際閉店間際にチェックしないとわからないことですし、時間に余裕があるのであれば必ず下見しておくべき項目でもありますよね。

このようにお店側の対策として全台7揃いにする、もしくは設定変更した後に1G回すという簡単な作業ですぐに対策されてしまいます。

逆に対策されていなくて、設定が入るようなお店を見つけたらハナハナだけでなく勝ちやすいホールなのかもしれません。

朝一のリセットを見抜く裏技

リセ判 裏技
先ほどもチラッと説明しましたが、朝一のBETランプの点灯にて設定変更を判別することが出来る機種がハナハナにはあります。

機種名 設置時期
スペシャルハナハナⅡ 2010年12月~
キングハナハナ 2011年10月~
ドラゴンハナハナ 2012年10月~

今ではこの3機種を設置しているお店は少ないでしょうし、ドラゴンハナハナ以降に設置された機種に関してはこの判別は使うことが出来ません。

判別方法としては、1~3BETのランプが基本的に光っています。

ですが、このランプが設定変更をすることにより、全て消灯するという状態になるわけです。

これにより朝一ホールに入って、ランプを見ることにより仮に数台ランプが消えていれば設定変更が濃厚ということで設定をツモった話もよく聞きました。

ただし、注意点としてはコインを投入して払い出しボタンを押すとランプが消灯してしまうので、設定変更していなくてもランプ消灯の状態となってしまいます。

情報が知れ渡る頃には当然ホールも対策しているでしょうし、全台消灯している状態で朝一オープンするというホールもありましたね。

このように機種によっては・・・という判別方法も今後出てくるかもしれませんし、ハナハナの後継機でまたこのシステムが復活する可能性もあり得るわけです。

ですので、情報として知っておくことにより、今後もすぐに対応していけるでしょう。

ハナハナのリセット挙動は無意味?

良グラフ 良挙動
1G回した後、朝から打ち始めてからのリセット挙動ですが、AT機・ART機などと違いハナハナはリセット挙動はないです。

朝一は高確に行って~などは、ノーマルタイプとはまた別の話ですので、ハナハナやジャグラーに関しては朝一連チャンしたから高設定などということは一切ありません。

となるとガックンチェックもあまりアテにならないし、リセット挙動も全くわからない・・・となれば、お店選びや台選びで全てが決まると言っても間違いはないでしょう。

勝つために立ち回るためには朝一の狙い台と狙い方の記事も合わせてお読み頂き、ハナハナの勝ち星を増やしていきましょう^^

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*