ハナハナ機種情報

ドラゴンハナハナ30|スペック・解析・打ち方まとめ

ドラゴンハナハナ

ドラゴンハナハナ

©パイオニア

ドラゴンハナハナ30は2012年にパイオニアから発売された純Aタイプのパチスロ機です。

昇竜フリーズをはじめとするプレミアム告知を搭載されており、今までにはなかったバックライトフラッシュを搭載している機種です。

ここではそんなドラゴンハナハナ30のスペックや打ち方、設定差などの情報をご紹介していきます。

機種情報(スペック)

ドラゴンハナハナ

©パイオニア
BIG REG 合算
設定1 1/297 1/496 1/186
設定2 1/287 1/464 1/177
設定3 1/275 1/431 1/168
設定4 1/262 1/397 1/157
設定5 1/248 1/366 1/147
設定6 1/235 1/336 1/138

機械割

設定1 96%
設定2 98%
設定3 101%
設定4 104%
設定5 107%
設定6 111%

リール配置・打ち方

ドラゴンハナハナ

通常時


左リール枠内にBARを目安にチェリーを狙う。

以下3パターンの停止型に応じて打ち方を変化させていけばOK。

パターン①

・成立役:ハズレ・ベル・リプレイ・BR
左リール枠内チェリー・スイカ否停止、中・右リールフリー打ち

パターン②

・成立役:チェリー
左リール枠内チェリー停止、中・右リールフリー打ち

パターン③

・成立役:スイカ
左リール枠内スイカ停止、中リール白7を目安にスイカをフォロー、右リール白7を枠外に早めに狙いスイカをフォロー

BIG中

左右のサイドランプ点滅時に通常時と同じ打ち方でチェリー・スイカを取得する。

その他は全リール適当打ち。

REG中


左リール中段に白7をビタ押しし、中・右リールにスイカを狙いスイカを1回だけ入賞させる。

スイカが入賞した時に光るサイドランプの点滅の種類に設定差が存在する。

通常時の小役確率

ベル確率(実践値)
設置1 1/7.8
設定2 1/7.75
設定3 1/7.7
設定4 1/7.65
設定5 1/7.55
設定6 1/7.45
引用:パチンコ・パチスロ攻略マガジン

BIG中の小役確率

スイカ(実践値)
設定1 1/49.78
設定2 1/39.55
設定3 1/33.79
設定4 1/34.10
設定5 1/36.60
設定6 1/33.01
引用:パチンコ・パチスロ攻略マガジン

ボーナス後パネルフラッシュ

BIG後 REG後
設定1 9.77%
設定2 10.55%
設定3 11.52% 0.20%
設定4 12.70% 0.39%
設定5 14.06% 0.59%
設定6 15.63% 0.78%

REG中サイドランプ点灯比率

両方
設定1 59.08% 39.36% 1.56%
設定2 39.26% 58.98% 1.76%
設定3 58.89% 39.16% 1.95%
設定4 39.06% 58.59% 2.34%
設定5 58.40% 38.87% 2.73%
設定6 48.44% 48.44% 3.13%

設定判別・設定差解析

ドラゴンハナハナ30は前作のキングハナハナと同様に、数値的な設定差はボーナス確率・通常時のベル・BIG中スイカに設けられています。

BIG中のスイカ確率に差があり設定1と設定6に約1.5倍の差があります。

設定1~設定6
ボーナス合算 1/186~1/138
REG確率 1/496~1/336
通常時ベル 1/7.8~1/7.45
BIG中スイカ 1/49.7~1/33

他には、REG中にビタ押しでスイカを取得した時に点灯するサイドランプの左右種類により偶数設定は右、奇数設定は左が点灯しやすくなっています。

また今作では、高設定ほど左右同時点灯がしやすくなっていますね。

ボーナス後に上部パネルフラッシュの出現率に設定差が存在し、REG終了後に出現すると設定3以上が確定します。

パネルフラッシュが出現するほど高設定の期待が高まります。

また朝一の設定変更を判別する方法としてはガックンチェックがあります。

ハナハナはどのシリーズもガックンが見にくいですが、もし把握することが出来たら設定判別の足しになることは間違いありません。

ハナハナでガックンチェックしてもわからない?リセット挙動と見極め

ハナハナシリーズ一覧

歴代ハナハナシリーズのスペックや特徴全まとめ

ハナハナ30(2001年5月~)
スーパーハナハナ30(2003年8月~)
ドンドンハナハナ30(2004年11月~)
ニューハナハナ30(2007年2月~)
スペシャルハナハナ30(2008年7月~)
サンサンハナハナ30(2009年8月~)
スペシャルハナハナⅡ30(2010年12月~)
キングハナハナ30(2011年10月~)
ドラゴンハナハナ30(2012年10月~)
クイーンハナハナ30(2013年10月~)
ニューキングハナハナ30(2014年9月~)
ハナハナホウオウ30(2015年9月~)
ドリームハナハナ30(2016年6月~)
グレートキングハナハナ(2017年7月~)

クイーンハナハナ30|スペック・解析・打ち方まとめ

クイーンハナハナ

クイーンハナハナ

©パイオニア

クイーンハナハナ30は2013年にパイオニアから発売された純Aタイプのパチスロ機です。

筐体には各所にクリスタルを散りばめられておりクイーン感が出ている仕様になっていますね。

ここではそんなクイーンハナハナ30のスペックや打ち方、設定差などの情報をご紹介していきます。

機種情報(スペック)

クイーンハナハナ

©パイオニア
純増枚数
(規定払い出し枚数)

BIG・・・約312枚
(345枚)
REG・・・約130枚
(135枚)

BIG REG 合算
設定1 1/309 1/516 1/193
設定2 1/297 1/481 1/184
設定3 1/284 1/445 1/173
設定4 1/270 1/409 1/163
設定5 1/256 1/376 1/152
設定6 1/240 1/344 1/141

機械割

設定1 96%
設定2 98%
設定3 101%
設定4 104%
設定5 107%
設定6 111%

リール配置・打ち方

ドラゴンハナハナ

通常時


左リール枠内にBARを目安にチェリーを狙う。

以下3パターンの停止型に応じて打ち方を変化させていけばOK。

パターン①

・成立役:ハズレ・ベル・リプレイ・BR
左リール枠内チェリー・スイカ否停止、中・右リールフリー打ち

パターン②

・成立役:チェリー
左リール枠内チェリー停止、中・右リールフリー打ち

パターン③

・成立役:スイカ
左リール枠内スイカ停止、中リール白7を目安にスイカをフォロー、右リール白7を枠外に早めに狙いスイカをフォロー

BIG中

左右のサイドランプ点滅時に通常時と同じ打ち方でチェリー・スイカを取得する。

その他は全リール適当打ち。

REG中


左リール中段に白7をビタ押しし、中・右リールにスイカを狙いスイカを1回だけ入賞させる。

スイカが入賞した時に光るサイドランプの点滅の種類に設定差が存在する。

通常時の小役確率

ベル確率
設置1 1/7.8
設定2 1/7.75
設定3 1/7.7
設定4 1/7.65
設定5 1/7.55
設定6 1/7.45

BIG中の小役確率

スイカ(実践値)
設定1 1/46.99
設定2 1/41.68
設定3 1/40.90
設定4 1/38.36
設定5 1/34.51
設定6 1/30.94
引用:パチンコ・パチスロ攻略マガジン

BIG後パネルフラッシュ

パネルフラッシュ
設定1 9.77%
設定2 10.55%
設定3 11.52%
設定4 12.70%
設定5 14.06%
設定6 15.63%

REG中BGM変化、終了時パネルフラッシュ

パネルフラッシュ BGM変化 パネルフラ+BGM変化
設定1 0.78%
設定2 0.98%
設定3 0.20% 1.17%
設定4 0.39% 1.56%
設定5 0.59% 2.34% 0.055
設定6 0.78% 3.13% 0.098%

REG中サイドランプ点灯比率

両方
設定1 59.08% 39.36% 1.56%
設定2 39.26% 58.98% 1.76%
設定3 58.89% 39.16% 1.95%
設定4 39.06% 58.59% 2.34%
設定5 58.40% 38.87% 2.73%
設定6 48.44% 48.44% 3.13%

設定判別・設定差解析

クイーンハナハナ30は前作のドラゴンハナハナと同様に、数値的な設定差はボーナス確率・通常時のベル・BIG中スイカに設けられています。

BIG中のスイカ確率に差があり設定1と設定6に約1.5倍の差があります。

設定1~設定6
ボーナス合算 1/193~1/141
REG確率 1/516~1/344
通常時ベル 1/7.8~1/7.45
BIG中スイカ 1/47~1/31
BIG後パネルフラッシュ

・高設定ほど発生しやすい

REG中BGM変化、REG後パネルフラッシュ

・どちらも高設定ほど発生しやすい
・パネルフラッシュ発生で設定3以上濃厚
・両方同時発生で設定5.6濃厚!

REG中ビタ押し成功のサイドフラッシュ

・奇数の場合、左フラッシュが多い
・偶数の場合、左フラッシュが多い
・両方同時発生で高設定の可能性が高くなる

この頃のハナハナから設定判別要素が増えてきて、ちょっと把握が面倒くさくなるかもしれませんね。

ですが、確定要素も盛り込まれているので必ず全て把握した上で実践に望むと良いでしょう。

また朝一の設定変更を判別する方法としてはガックンチェックがあります。

ハナハナはどのシリーズもガックンが見にくいですが、もし把握することが出来たら設定判別の足しになることは間違いありません。

ハナハナでガックンチェックしてもわからない?リセット挙動と見極め

ハナハナシリーズ一覧

歴代ハナハナシリーズのスペックや特徴全まとめ

ハナハナ30(2001年5月~)
スーパーハナハナ30(2003年8月~)
ドンドンハナハナ30(2004年11月~)
ニューハナハナ30(2007年2月~)
スペシャルハナハナ30(2008年7月~)
サンサンハナハナ30(2009年8月~)
スペシャルハナハナⅡ30(2010年12月~)
キングハナハナ30(2011年10月~)
ドラゴンハナハナ30(2012年10月~)
クイーンハナハナ30(2013年10月~)
ニューキングハナハナ30(2014年9月~)
ハナハナホウオウ30(2015年9月~)
ドリームハナハナ30(2016年6月~)
グレートキングハナハナ(2017年7月~)
ツインドラゴンハナハナ(2018年10月~)

ニューキングハナハナ30|スペック・解析・打ち方まとめ

ニューキングハナハナ

ニューキングハナハナ

©パイオニア

ニューキングハナハナ30は2014年にパイオニアから発売された純Aタイプのパチスロ機です。

キングハナハナ30の後継機で新しくなった筐体であり、新たなプレミアム演出も搭載されていますね。

そんなニューキングハナハナ30のスペックや打ち方、設定差などの情報をご紹介していきます。

機種情報(スペック)

ニューキングハナハナ

©パイオニア
純増枚数
(規定払い出し枚数)

BIG・・・約312枚
(345枚)
REG・・・約130枚
(135枚)

BIG REG 合算
設定1 1/303 1/504 1/189
設定2 1/293 1/474 1/181
設定3 1/281 1/439 1/171
設定4 1/268 1/407 1/161
設定5 1/255 1/374 1/151
設定6 1/234 1/336 1/138

機械割

設定1 96%
設定2 98%
設定3 101%
設定4 104%
設定5 107%
設定6 112%

リール配置・打ち方

ニューキングハナハナ

通常時


左リール枠内にBARを目安にチェリーを狙う。

以下2パターンの停止型に応じて打ち方を変化させていけばOK。

パターン①

・成立役:ハズレ・ベル・リプレイ・BR
左リール枠内チェリー・スイカ否停止、中・右リールフリー打ち

パターン②

・成立役:チェリー
左リール枠内チェリー停止、中・右リールフリー打ち

パターン③

・成立役:スイカ
左リール枠内スイカ停止、中リール白7を目安にスイカをフォロー、右リール白7を枠外に早めに狙いスイカをフォロー

BIG中

左右のサイドランプ点滅時に通常時と同じ打ち方でチェリー・スイカを取得する。

その他は全リール適当打ち。

REG中

左リール中段に白7をビタ押しし、中・右リールにスイカを狙いスイカを1回だけ入賞させる。

スイカが入賞した時に光るサイドランプの点滅の種類に設定差が存在する。

通常時の小役確率

ベル(実践値) チェリー(実践値) スイカ(実践値)
設置1 1/7.48 1/48.47 1/163.93
設定2 1/7.37 1/49.02 1/160.26
設定3 1/7.32 1/48.64 1/158.98
設定4 1/7.35 1/48.78 1/161.55
設定5 1/7.24 1/49.21 1/162.60
設定6 1/7.19 1/48.92 1/160.77
引用:パチンコ・パチスロ攻略マガジン

BIG中の小役確率

スイカ(実践値)
設定1 1/50.13
設定2 1/46.02
設定3 1/40.10
設定4 1/38.11
設定5 1/34.10
設定6 1/31.95
引用:パチンコ・パチスロ攻略マガジン

BIG後パネルフラッシュ

通常時 フリーズ発生時
設定1 9.77% 19.53%
設定2 10.55% 21.09%
設定3 11.52% 23.05%
設定4 12.70% 25.39%
設定5 14.06% 28.13%
設定6 15.63% 31.25%

レトロサウンド発生率

ボーナス後87G以内に連チャンするとBGM変化が発生します。

この際レトロ音源が流れることがあり、このBGMの発生率に設定差が存在します。

初代ハナハナのBGMが流れる可能性の条件

・87G以内の赤BIG
・BIG2連(87G以内のボーナスを2回)以降87G以内の赤REG

スーパーハナハナのBGMが流れる可能性の条件

・87G以内の白BIG
・BIG2連(87G以内のボーナスを2回)以降87G以内の白REG

BIG REG
設定1 6.25% 3.13%
設定2 7.03% 3.52%
設定3 7.81% 3.91%
設定4 9.38% 4.69%
設定5 10.94% 5.47%
設定6 12.50% 6.25%

REG中BGM変化、終了時パネルフラッシュ

パネルフラッシュ パネルフラ+BGM変化
設定1
設定2
設定3 0.20% 3.13%
設定4 0.39% 6.25%
設定5 0.59% 9.38%
設定6 0.78% 12.50%

REG中サイドランプ点灯比率

両方
設定1 59.08% 39.36% 1.56%
設定2 39.26% 58.98% 1.76%
設定3 58.89% 39.16% 1.95%
設定4 39.06% 58.59% 2.34%
設定5 58.40% 38.87% 2.73%
設定6 48.44% 48.44% 3.13%

設定判別・設定差解析

ニューキングハナハナ30は前作のクイーンハナハナと同様に、数値的な設定差はボーナス確率・通常時のベル・BIG中スイカに設けられています。

実践値では、通常時のチェリーやスイカにも設定差があるようにも見えますが、実際は誤差程度なので、気にしなくて良いレベルでしょう。

BIG中のスイカ確率に差があり設定1と設定6に約1.5倍の差があります。

設定1~設定6
ボーナス合算 1/189~1/138
REG確率 1/504~1/336
通常時ベル 1/7.48~1/7.19
BIG中スイカ 1/50~1/32
BIG後パネルフラッシュ

・高設定ほど発生しやすい

REG中BGM変化、REG後パネルフラッシュ

・どちらも高設定ほど発生しやすい
・どちらも発生時点で設定3以上濃厚

REG中ビタ押し成功のサイドフラッシュ

・奇数の場合、左フラッシュが多い
・偶数の場合、左フラッシュが多い
・両方同時発生で高設定の可能性が高くなる

レトロサウンド発生

・高設定ほど発生しやすい

レトロサウンドも加わり、更に設定判別要素が豊富になってきました。

確定要素も盛り込まれているので必ず全て把握した上で実践に望むと良いでしょう。

また朝一の設定変更を判別する方法としてはガックンチェックがあります。

ハナハナはどのシリーズもガックンが見にくいですが、もし把握することが出来たら設定判別の足しになることは間違いありません。

ハナハナでガックンチェックしてもわからない?リセット挙動と見極め

ハナハナシリーズ一覧

歴代ハナハナシリーズのスペックや特徴全まとめ

ハナハナ30(2001年5月~)
スーパーハナハナ30(2003年8月~)
ドンドンハナハナ30(2004年11月~)
ニューハナハナ30(2007年2月~)
スペシャルハナハナ30(2008年7月~)
サンサンハナハナ30(2009年8月~)
スペシャルハナハナⅡ30(2010年12月~)
キングハナハナ30(2011年10月~)
ドラゴンハナハナ30(2012年10月~)
クイーンハナハナ30(2013年10月~)
ニューキングハナハナ30(2014年9月~)
ハナハナホウオウ30(2015年9月~)
ドリームハナハナ30(2016年6月~)
グレートキングハナハナ(2017年7月~)
ツインドラゴンハナハナ(2018年10月~)

ハナハナホウオウ30|スペック・解析・打ち方まとめ

ハナハナホウオウ

ハナハナホウオウ

©パイオニア

ハナハナホウオウ30は2015年にパイオニアから発売された純Aタイプのパチスロ機です。

これまでのシリーズ最多のプレミアム演出が搭載されており、ボーナス中のサウンドも豊富に収録されていますね。

ここではそんなハナハナホウオウ30のスペックや打ち方、設定差などの情報をご紹介していきます。

機種情報(スペック)

ハナハナホウオウ

©パイオニア
純増枚数
(規定払い出し枚数)

BIG・・・約312枚
(345枚)
REG・・・約130枚
(135枚)

BIG REG 合算
設定1 1/299 1/496 1/186
設定2 1/290 1/468 1/179
設定3 1/277 1/434 1/169
設定4 1/264 1/399 1/159
設定5 1/250 1/368 1/148
設定6 1/233 1/332 1/137

機械割

設定1 96%
設定2 98%
設定3 101%
設定4 104%
設定5 107%
設定6 112%

リール配置・打ち方

ハナハナホウオウ

通常時


左リール枠内にBARを目安にチェリーを狙う。

以下3パターンの停止型に応じて打ち方を変化させていけばOK。

パターン①

・成立役:ハズレ・ベル・リプレイ
左リール枠内チェリー・スイカ否停止、中・右リールフリー打ち

パターン②

・成立役:チェリー
左リール枠内チェリー停止、中・右リールフリー打ち

パターン③

・成立役:スイカ
左リール枠内スイカ停止、中リール白7を目安にスイカをフォロー、右リール白7を枠外に早めに狙いスイカをフォロー

BIG中

左右のサイドランプ点滅時に通常時と同じ打ち方でチェリー・スイカを取得する。

その他は全リール適当打ち。

REG中


左リール中段に白7をビタ押しし、中・右リールにスイカを狙いスイカを1回だけ入賞させる。

スイカが入賞した時に光るサイドランプの点滅の種類に設定差が存在する。

チェリー+ボーナス

チェリー+BIG(実践値) チェリー+REG(実践値) 合成(実践値)
設定1 1/6666.67 1/11111.11 1/4166.67
設定2 1/5882.35 1/10000.00 1/3703.70
設定3 1/5882.35 1/7692.31 1/3333.33
設定4 1/5555.56 1/7692.31 1/3225.81
設定5 1/4761.90 1/7142.86 1/2857.14
設定6 1/4545.45 1/6250.00 1/2631.58

通常時の小役確率

ベル(実践値)
設定1 1/7.72
設定2 1/7.54
設定3 1/7.58
設定4 1/7.41
設定5 1/7.35
設定6 1/7.26
実践値
チェリー 全設定1/50前後
スイカ 全設定1/160前後

BIG中の小役確率

スイカ(実践値)
設定1 1/50.26
設定2 1/44.94
設定3 1/36.18
設定4 1/36.18
設定5 1/34.54
設定6 1/31.76

ボーナス後パネルフラッシュ

BIG終了後
上のみ 上下
設定1 7.32% 2.44%
設定2 7.91% 2.64%
設定3 8.79% 2.93%
設定4 9.67% 3.22%
設定5 10.55% 3.52%
設定6 11.72% 3.91%
REG終了後
上のみ 上下
設定1
設定2
設定3 0.20%
設定4 0.39
設定5 0.49% 0.10%
設定6 0.59% 0.20%

連チャン時のレトロサウンド発生率

ボーナス後87G以内に連チャンするとBGM変化が発生する可能性があり、レトロ音源が流れることがあります。

このBGM変化の発生率に設定差が存在するので聞き逃さないようにしましょう。

発生率
設定1 6.25%
設定2 7.03%
設定3 7.81%
設定4 9.38%
設定5 10.94%
設定6 12.50%

REG中サイドランプ点灯比率

設定1 61.13% 38.87%
設定2 38.87% 61.13%
設定3 38.87% 61.13%
設定4 61.13% 38.87%
設定5 38.87% 61.13%
設定6 50% 50%

設定判別・設定差解析

ハナハナホウオウ30は前作のニューキングハナハナ30と同様に、数値的な設定差はボーナス確率・通常時のベル・BIG中スイカに設けられています。

実践値では、通常時のチェリーやスイカにも設定差があるようにも見えますが、実際は誤差程度なので、気にしなくて良いレベルでしょう。

BIG中のスイカ確率に差があり設定1と設定6に約1.5倍の差があります。

設定1~設定6
ボーナス合算 1/186~1/137
REG確率 1/496~1/332
通常時ベル 1/7.72~1/7.26
BIG中スイカ 1/50~1/32

今作からパネルフラッシュが上下となっているので注意しましょう。

BIG後パネルフラッシュ

・上のみ、上下両方も高設定ほど発生しやすい

REG後パネルフラッシュ

・上のみ発生で設定3以上濃厚
・上下フラッシュ発生で設定5.6濃厚

連チャン時レトロサウンド発生

・高設定ほど発生しやすい

REG中ビタ押し成功のサイドフラッシュ

・奇数の場合、左フラッシュが多い
・偶数の場合、左フラッシュが多い
・両方同時発生で高設定の可能性が高くなる

上下フラッシュが加わり、更に設定判別要素が豊富になってきました。

確定要素も盛り込まれているので必ず全て把握した上で実践に望むと良いでしょう。

また朝一の設定変更を判別する方法としてはガックンチェックがあります。

ハナハナはどのシリーズもガックンが見にくいですが、もし把握することが出来たら設定判別の足しになることは間違いありません。

ハナハナでガックンチェックしてもわからない?リセット挙動と見極め

ハナハナシリーズ一覧

歴代ハナハナシリーズのスペックや特徴全まとめ

ハナハナ30(2001年5月~)
スーパーハナハナ30(2003年8月~)
ドンドンハナハナ30(2004年11月~)
ニューハナハナ30(2007年2月~)
スペシャルハナハナ30(2008年7月~)
サンサンハナハナ30(2009年8月~)
スペシャルハナハナⅡ30(2010年12月~)
キングハナハナ30(2011年10月~)
ドラゴンハナハナ30(2012年10月~)
クイーンハナハナ30(2013年10月~)
ニューキングハナハナ30(2014年9月~)
ハナハナホウオウ30(2015年9月~)
ドリームハナハナ30(2016年6月~)
グレートキングハナハナ(2017年7月~)
ツインドラゴンハナハナ(2018年10月~)

ドリームハナハナ30|スペック・解析・打ち方まとめ

ドリームハナハナ

ドリームハナハナ

©パイオニア

ドリームハナハナ30は2016年にパイオニアから発売された純Aタイプのパチスロ機です。

レインボーフリーズを搭載しており、今までのシリーズ最多のプレミアム点滅を搭載しています。

ここではそんなドリームハナハナ30のスペックや打ち方、設定差などの情報をご紹介していきます。

機種情報(スペック)

ドリームハナハナ

©パイオニア
純増枚数
(規定払い出し枚数)

BIG・・・約312枚
(345枚)
REG・・・約130枚
(135枚)

BIG REG 合算
設定1 1/318 1/528 1/198
設定2 1/293 1/492 1/188
設定3 1/293 1/458 1/179
設定4 1/277 1/420 1/167
設定5 1/268 1/385 1/156
設定6 1/246 1/352 1/145

機械割

設定1 96%
設定2 98%
設定3 101%
設定4 104%
設定5 107%
設定6 111%

リール配置・打ち方

ドリームハナハナ

通常時


左リール枠内にBARを目安にチェリーを狙う。

以下3パターンの停止型に応じて打ち方を変化させていけばOK。

パターン①

・成立役:ハズレ・ベル・リプレイ
左リール枠内チェリー・スイカ否停止、中・右リールフリー打ち

パターン②

・成立役:チェリー
左リール枠内チェリー停止、中・右リールフリー打ち

パターン③

・成立役:スイカ
左リール枠内スイカ停止、中リール白7を目安にスイカをフォロー、右リール白7を枠外に早めに狙いスイカをフォロー

BIG中

左右のサイドランプ点滅時に通常時と同じ打ち方でチェリー・スイカを取得する。

その他は全リール適当打ち。

REG中


左リール中段に白7をビタ押しし、中・右リールにスイカを狙いスイカを1回だけ入賞させる。

スイカが入賞した時に光るサイドランプの色の種類に設定差が存在する。

通常時の小役確率

ベル(実践値)
設置1 1/7.12
設定2 1/7.03
設定3 1/6.99
設定4 1/6.96
設定5 1/6.95
設定6 1/6.88

BIG中の小役確率

スイカ(実践値)
設定1 1/49.63
設定2 1/43.20
設定3 1/41.55
設定4 1/38.08
設定5 1/34.12
設定6 1/31.85

REG中サイドランプ

青色 黄色
設定1 35.99% 23.99%
設定2 23.19% 34.78%
設定3 33.57% 22.38%
設定4 21.56% 32.34%
設定5 31.08% 20.72%
設定6 24.80% 24.80%
緑色 赤色
設定1 23.99% 16.00%
設定2 16.79 25.19%
設定3 26.37% 17.58%
設定4 18.37% 27.55%
設定5 28.69% 19.12%
設定6 24.80% 24.80%
虹色
設定1 0.02%
設定2 0.05%
設定3 0.10%
設定4 0.20%
設定5 0.39%
設定6 0.78%

ボーナス後パネルフラッシュ

BIG終了後
上のみ 上下
設定1 7.32% 2.44%
設定2 7.91% 2.64%
設定3 8.79% 2.93%
設定4 9.67% 3.22%
設定5 10.55% 3.52%
設定6 11.72% 3.91%
REG終了後
上のみ 上下
設定1
設定2
設定3 0.20%
設定4 0.39
設定5 0.49% 0.10%
設定6 0.59% 0.20%

連チャン時のレトロサウンド発生率

ボーナス後87G以内に連チャンするとBGM変化が発生する可能性があり、レトロ音源が流れることがある。

このBGM変化の発生率に設定差が存在する。

発生率
設定1 6.25%
設定2 7.03%
設定3 7.81%
設定4 9.38%
設定5 10.94%
設定6 12.50%

設定判別・設定差解析

ドリームハナハナ30は前作までのハナハナと同様に、数値的な設定差はボーナス確率・通常時のベル・BIG中スイカに設けられています。

実践値では、通常時のチェリーやスイカにも設定差があるようにも見えますが、実際は誤差程度なので、気にしなくて良いレベルでしょう。

BIG中のスイカ確率に差があり設定1と設定6に約1.5倍の差があります。

設定1~設定6
ボーナス合算 1/198~1/145
REG確率 1/528~1/352
通常時ベル 1/7.12~1/6.88
BIG中スイカ 1/50~1/32
BIG後パネルフラッシュ

・高設定ほど発生しやすい

REG後パネルフラッシュ

・上のみ発生時点で設定3以上濃厚
・上下フラッシュ発生で設定5.6濃厚

レトロサウンド発生

・高設定ほど発生しやすい

REG中ビタ押し成功のサイドフラッシュ

・奇数の場合、青色・緑色フラッシュが多い
・偶数の場合、黄色・赤色フラッシュが多い
・虹色フラッシュは高設定ほど発生しやすい
・設定6のみ青・黄・緑・赤の割合が一定

今作からREG中のビタ押し成功によるサイドランプに色が付きました。

これまでは左右のフラッシュでしか判断できませんでしたが、色の特徴を覚えておくことにより更に設定判別の精度が高まりますね^^

また朝一の設定変更を判別する方法としてはガックンチェックがあります。

ハナハナはどのシリーズもガックンが見にくいですが、もし把握することが出来たら設定判別の足しになることは間違いありません。

ハナハナでガックンチェックしてもわからない?リセット挙動と見極め

ハナハナシリーズ一覧

歴代ハナハナシリーズのスペックや特徴全まとめ

ハナハナ30(2001年5月~)
スーパーハナハナ30(2003年8月~)
ドンドンハナハナ30(2004年11月~)
ニューハナハナ30(2007年2月~)
スペシャルハナハナ30(2008年7月~)
サンサンハナハナ30(2009年8月~)
スペシャルハナハナⅡ30(2010年12月~)
キングハナハナ30(2011年10月~)
ドラゴンハナハナ30(2012年10月~)
クイーンハナハナ30(2013年10月~)
ニューキングハナハナ30(2014年9月~)
ハナハナホウオウ30(2015年9月~)
ドリームハナハナ30(2016年6月~)
グレートキングハナハナ(2017年7月~)
ツインドラゴンハナハナ(2018年10月~)